読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしく最幸の人生を創造する生き方のススメ

高卒、性別違和、田舎の実家暮らしだった私が、本当の自分で生きると決めて、やりたいことしかやってはいけないルールのもとに行動に移した記録。得意なことはライフデザイン。本当の望みを実現するために、自分の本音を知っていくこと。それさえわかれば、勝手に道は開いてゆける。

世界と私は両輪な関係性

世界を変えようとしても

映画のスクリーンを変えられないように

自分自身の内側

つまり、

映写機の中のフィルターを変えない限り

世界は変わらないと思って

とにかく自分の内面を整えることに

没頭してきたな〜

と感じている最近

 

f:id:master25181:20161216105925j:image


誰かの価値観や捉え方は

その人のものであって

僕らのものではない


だから、

誰かに言われた言葉を

自分のこととして捉えてはいけない

 
それを批難したり

自分を正当化する必要もない



大切なのは、

僕らが僕ら自身であること


世界はときに

僕らに要求する


これをしてしまったら

こんな姿を見せてしまったら


嫌われるかもしれない

批難されるかもしれない

孤独になるかもしれない


・・・


それでもあなたは

あなたを偽らずに

あなた自身でいられますか?


脳内で創り出される

僕らに対するニーズ、期待、タブー


これらの恐怖を超えて

"自分であること"を選択すると

世界は良い意味で裏切り

祝福を示してくれる


あれ?案外、大丈夫じゃん(゚∀゚)

むしろ、結果的にみんなにとって良い方に向かってる〜!


て感じにw


そして、そういうときに

人生の変化は起こる


自分でいられるときがいちばん

自分を活かすことができる


自分でいられるときがいちばん

人の役にも立てる


自分でいられるときがいちばん

幸せを感じることができる

 

 

自分でいられるときがいちばん

 

自分を世界と分かち合うことができる

 

  

 
焦りや◯◯しなきゃは禁物

そのときにしたいことをすればいい


そういう気分になれないときは

時期がくるまでいくらだって待てばいいだけ

 

 

何かに幸福を感じているときも

 

暗闇の中でまどろんでいるときでさえも

 

 

無理に力を加えなくたって

 

意識しなくたって

 

いつだって

 

開花は起きているのだからね




そのままでいいよ

どんな風に感じててもいいよ


僕らはどうしたって

絶対に揺るがない価値のある存在であることには変わりないから(^○^)♡