読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしく最幸の人生を創造する生き方のススメ

高卒、性別違和、田舎の実家暮らしだった私が、本当の自分で生きると決めて、やりたいことしかやってはいけないルールのもとに行動に移した記録。得意なことはライフデザイン。本当の望みを実現するために、自分の本音を知っていくこと。それさえわかれば、勝手に道は開いてゆける。

意思を決定するのは誰?

信念体系感情レベルで起こる反応

 
ビリーフ(思い込み)を意図的に取り入れたものでない限り
 
"過去の経験"に起因します
 
そして、その"意図的に取り入れた"という、一見自分で決定したこと(自由意思)のようにみえることですらまた、
 
周囲の環境、集合意識など、様々な影響を受けていることがあります
 
無意識のうちに、どこかで、
 
「青い水は飲んではいけない、青は悪だ、青を選ぶなんてとんでもない」
 
みたいなビリーフが取り込まれていて、
 
その出来事とは、まったく関係のないところで、自分の人生の選択を迫られたとき、
 
このビリーフを持った人は、青を連想する選択を避けるのではないでしょうか。
 
仮に、赤を選んだとして、
 
それが、超越した意識からくる
インスピレーションにより決定したもの
 
または、
 
無意識のうちに刷り込まれた好み(または抵抗)によるものかによって、
 
得られるものはまったく違うと言うことです。
 
 
前者は、自己の顕在意識の知り得る領域を
 
はるかに超えたところからやってきて
 
 
後者は、やはり
 
カルマや過去の経験(習慣性)に起因しています
 
 
過去に起因したものは、過去の延長線上でしかないということです
   
 
そんなこんなで、私の好みだったり、自分で切り開いてきたと思っている人生も、
 
ほとんどが、もしかしたら、習慣性によるものかもしれません
 
 
しかし、インスピレーションによる選択というものをしたときには、
 
自分でそれが感覚的にわかるはずです!
 
 
どの領域から意思を決定するかは、とても大切なことだと思いますが、
 
感情に流されて決定することって、どうしてもしてしまいがちですよね
 
 
目標設定するときも、何かを選択するときも、
 
心をゆるめて、力を抜いて、信頼のもと、直観に従っていく生き方をすると
 
 
人は、進化していくのだと思います
 
 
アオムシから、アゲハチョウへと
奇跡的な変貌を遂げるように
 
思いもよらない領域へと突入していくのです
  
 
そして、人はこれを"変態"と呼びます
 
f:id:master25181:20160509134243j:image
 
 
 
あなたを進化させるセッションを体験してみませんか?
 
 
 
⑴理想の人生を導き出し、自然と具体的なアクションに繋がるセッション
 
⑵ヴィジョンや目標が実現される可能性を高めるための、決断に繋がるセッション
 
⑶幼い頃から今までの喜びの感情と感覚を統合し、理想のアイデンティティを導き出すセッション
 
⑷女性性・男性性を統合しバランスを整え、理想のパートナーを引き寄せるセッション
 
⑸チャクラを整え、ピークパフォーマンスを発揮する最良の状態とするセッション
 
⑹両親との関係性を調和させ、仕事や人間関係を円滑にするセッション
 
1つのセッションにつき所要時間:60分 (個人差あり)
形態: 対面 または Skype
※対面の場合、原則、都内の指定場所となりますが、相談可能です
 
金額: 5,400円(体験価格は2回まで)
 
 
お申込みは、以下のフォームからお申込みください
 
◆LDMアドバンスクラスで得たツールでの体験セッション(月10名まで)
※幸運を呼ぶきれいなポイント水晶付
2回目まで   5,400円(税込)
3回目以降 10,800円(税込)
 
体験セッションのお申し込みはこちらから↓
 
◆継続コース (残り3名)
※毎月、あなたにぴったりな天然石をプレゼント!(約5,000〜1万円相当が3個もらえる)
月1回×3ヶ月:32,400円(税込)
月2回×3ヶ月:64,800円(税込)
 
◆プレミアムコース
※毎月、あなたにぴったりな、高級天然石をプレゼントします!(約1〜2万円相当が3個もらえる)
月1回×3ヶ月:  64,800円(税込)
月2回×3ヶ月:129,600円(税込)
 
半年コースプラチナコースも受け付けています😊
詳細、お気軽にお問い合わせください
info☆lrmasterkey.com
(↑お手数ですが、@にご変換ください)
 
※上記の価格は、2016.12.31までの価格となります。天然石のサービス及び、セッションの形態は、予告なく変更となる場合がありますので、あらかじめご確認いただいたうえ、お申込みいただけますと幸いです。